スタッフブログ

ねずみが及ぼす被害

今回は、『ねずみによりこうむる被害』について、いくつかご紹介します。

(1)感染の被害

“ねずみにより危険な菌や病気が媒介されることがあります”
ねずみが媒介する病気は大きく分けて3タイプです。

  • 咬まれて感染する病気
  • 排泄物により感染する病気
  • 寄生虫から感染する病気

(2)経済面に影響する被害

建物や家具への被害

木製家具をかじって穴を空ける。
また、建物の土台の近くに穴を開け、ねずみが通り道や巣穴を作ると、建物自体の強度が 下がってしまう危険性があります。

食料品への被害

ねずみの害の中で、最も多いものが食品の汚染です。
ねずみに一部かじられただけでも安全を考えると、その食品全てを処分することをおすすめします。
食中毒をおこしたり、飲食店などであれば、営業停止になるなど大変重要な問題になる可能性があります。

(3)配線などへの被害

ねずみの前歯は上下に一対ずつあります。
ねずみの前歯一生伸び続けるという特徴をもち、非常に強い咀嚼力を持っています。
そのため、硬い物をかじらないとねずみの前歯はどんどん伸びる一方であり、エサを食べることすら難しくなります。
それを防止するために、常に物をかじっていなければならないという習性があります。

“ねずみはケーブルなどもかじって切断してしまう習性があります”
それが原因で、電話回線の乱れや故障などの被害が起こります。
電子機器にも影響を及ぼす危険があります。
電気ケーブルをかじったためにショートして火災が起きたり、ガス管をかじられてガス漏れる。
最悪の場合爆発することも・・・
ねずみは、たいへん危険で深刻な被害を及ぼす原因となることがあります。

ねずみのことでお困りやご相談など、お気軽にお問い合わせください!

長崎や諫早周辺でねずみ駆除をお考えの方、ねずみ・害虫駆除なら
長崎市のクリエイトメンテナンスにおまかせください!

  • 見積もり無料!24時間365日受付中!! (担当者直通)フリーダイヤル:095-842-0510
  • WEBからのお問い合わせ